Facebook Twitter
cheztaz.com

敗血症食中毒

投稿日: 行進 19, 2023、投稿者: Christopher Armstrong

食中毒は、実際には敗血症(血液中の有害な微生物または関連する毒素の現在の存在)であり、これは病原性細菌、毒素、ウイルス、プリオン、または寄生虫で汚染された食品を食べることによって引き起こされます。 これらの汚染は、通常、食品の不適切な取り扱い、保管、または準備が原因です。 食物に入れられた農薬は、ウイルスの使用確率を追加する可能性もあります。 たとえば、ハエやゴキブリが食べ物を持っているなど、害虫に連絡し、汚染の変化をさらにエスカレートします。 | - |

汚染された食物が食べられてから何時間も症状が発生しないことが多いため、「ロバに尾を固定する」ことができて、どこから生まれたとしても見つけるのは本当に難しいことがあります。 初期の食中毒の症状には、一般に、嘔吐、下痢、発熱、吐き気、腹痛、頭痛または疲労感が含まれます。 通常、体は、短時間の後、中毒から一人で回復することができます。 まれな状況では、特に妊娠している赤ちゃんや女性の場合、食中毒は永続的な健康問題につながり、より多くの鋭い症例では死に至る可能性があります。 | - |

食物の腐敗とヘルペスウイルスの特定の存在の間を通過する時間は、インキュベーション期間と呼ばれます。 この期間中、微生物は胃を通り、腸の壁に並ぶ細胞に付着している腸に通過します。 それから彼らは増殖することです。 | - |

食品の準備の3つの段階(前、後、最中)を通して良い衛生を実践することは、食中毒の機会を減らすのに役立ちます。 あなたの幸福について賢くなり、食物を使用するときはいつでも必要な予防策を講じてください。 | - |